前へ
次へ

いじめ問題と学校教育問題

度々学校におけるいじめの問題が社会問題となり、学校教育が問われる場面に直面します。
たしかに、

more

学歴主義が起こす教育問題

日本はまだまだ学歴主義の社会です。
大学まで卒業をしているのが当たり前とまで言われています。<

more

公立中学における教育問題

私立中学に比べると、入試による選別が一切行われないことから、複雑な教育問題を抱えているのは公立中学で

more

発展途上国の教育問題にできることは

発展途上国では学校が近くにないところが多く、朝5時におきて4時間かけて歩いて学校に行くという地域も存在しています。
学校が少ないため教室も少なく、学制に対して教室が足りないというところも少なくありません。
また、教師のなり手が少なく、国自体が教育に対してお金をかけていないため、教員の給料も低いです。
また、教科書やノートといった文房具が全員分用意できておらず、必要な物が足りない状況が現在でも続いています。
国を挙げての教育問題でありながら、未だに完全な解決はなされていません。
地域によっては昔ながらの男尊女卑な考え方のせいで、優秀な生徒が働き手として弟妹の面倒を見たり、畑を耕したりしなければなりません。
また、親が子供に働き手としての実力を期待しているため、学校に行くことができずやむなく退学してしまう子供たちもたくさんいます。
地域によっては戦争などに巻き込まれて学校が破壊されてしまい、通うことができないところも多いです。
そのため、これらの教育問題を解決することが必要といわれています。

健康と美容にアプローチできる
そんなリンパセラピストの資格を手にいよう

整体師資格取得の通信講座|グローバルボディケア総合学院

通信制だから忙しいママもしっかり学べる
勉強しながらお子さんと触れあえる資格講座です

独立開業も夢じゃない
ヘッドリンパテクニカルセラピー講座で、あなただけのお店を手に入れませんか?

基礎的な学力を持っている大人が6割から9割前後とされている国も少なくありません。
国じたいで識字率の低さを懸念していることから、薬をもらって文字が読めなくてオーバードーズになってしまう可能性や、物を買っても不当に高いお金を支払わなくてはならないということも多いです。
更に、学歴がないとまともに働くこともできません。
結果として仕事をしたくてもないという残念な状況に陥ってしまいます。
この状況が親から子に伝わってしまわないように、サポートをするべきと考える人は少なくありません。
先進国である日本人が発展途上国の教育問題に関して、何ができるでしょうか。
一番大きなポイントとして、寄付が挙げられています。
金銭面だけではなく、衣類や文房具、日用品などを寄付することができる団体はたくさんあります。
断捨離などのときに出た不用品をできるだけ寄付することによって、発展途上国の子供が救われる可能性を高めるでしょう。
また、金銭面だけではなく、技術を提供することによって継続的な収入を稼ぐことができるようになり、結果として発展する一助となる可能性が高いです。
発展した地域の識字率は高いことから、継続的に経済面で発展できるようサポートすることが必要といえます。

Page Top